鳥栖市立石町桟敷地区の国道34号の、一部歩道がなかった区間に新しく歩道が完成し、27日、地域の人らが渡り初め式を行い祝った。 歩道が完成したのは国道34号の北側が急斜面になっていた箇所。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加