YS―11は戦後初の国産旅客機。昭和39(1964)年の東京オリンピックで聖火を運んだ。ジェット機のように力任せに離陸せず、じわじわ、ふわりと宙に浮くプロペラ機らしい感覚があった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加