「更生保護を考える議員の会」の佐賀県幹事を務める岩田和親衆院議員は26日、山口祥義知事を訪ね、県版「再犯防止推進計画」の早期策定や保護司活動の支援強化などを推進するよう求める要望書を手渡した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加