漏水対策工事などで開業が遅れている温泉保養宿泊施設「タクア」(旧ゆうらく、多久市北多久町)の整備事業を巡り、市は26日、横尾俊彦市長の減給2分の1(3カ月)とする処分案と、補償費として4880万円を…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加