JR九州の青柳俊彦社長は23日の定例会見で、発足以来最大となる117便の減便に踏み切ったダイヤ改正に関し、「大きなトラブルはなく、許容範囲と受け止められたのではないか」と見解を述べた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加