春から初夏にかけて淡い紫色の花を咲かせるイカリソウ。日本では北海道から近畿、四国にかけて自生し、茶花や鉢花として人々に愛されてきました。今でも観賞用として多くの種類が栽培されています。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加