「ワサビはよござっしょー」の売り声が懐かしい。葉ワサビ売りの女衆の声は春の到来であった。昭和40年ごろまで九千部山の福岡県側の村から鳥栖まで売りにきていたという。かなりの遠距離である。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加