「太陽光は大事なエネルギーだが気まぐれで、安定供給に苦慮している」。19日の県議会特別委員会。太陽光発電の出力抑制について問われた九電の山元春義取締役が、改めてその「不安定さ」を強調した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加