佐賀市の致遠館高(牟田久俊校長)で22日、1、2年生を対象にした主権者教育の授業があった。教員を候補者に見立てた模擬選挙を行い、公約などから投票先を選ぶ行為を通じて主権者としての心構えを学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加