小城市の前商工観光課長の男性(55)=退職=が起こした不祥事で、2016年度の「清水の滝ライトアップ(清水竹灯り)」事業の赤字を埋めるため架空請求で公金を不正流用していた91万円分を、市が回収してい…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加