唐津市本町の旧唐津銀行で18日、北波多郷土史研究会の楢崎幸晴さん(76)が「幻の芳谷炭坑」の演題で講演した。明治期に全国有数の産炭量を誇った北波多の炭坑の軌跡を約50人が聞き入った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加