佐賀市が水門操作を誤り、塩害への補償費など約1億円を支出していた問題で、佐賀市の志満篤典建設部長は20日、市議会建設環境委員会で議会への報告を怠っていたことについて「議会に説明すべきだった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加