佐賀県は19日、不妊治療の助成費に関し、2015年度と17年度に、所得が高いために本来は対象にならない夫婦3組に計97万円を誤交付していたと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加