江崎グリコの「カプリコ・ミニ」が、35キロ地点の”給食”に初登場した。疲れがたまり、甘さを求めたランナーたちが次々に受け取り、栄養を補うと、ラストスパートに向けてギアを入れ替えていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加