気温が上昇する3月に42・195キロを走るさが桜マラソンは、ランナーの体調面のケアが重要になる。疲労回復を促すため、今年は氷や経口補水液を配るなど新たな取り組みも始まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加