幕末維新期の歴史を教える出前授業が15日、佐賀市の龍谷中学校であった。2年A組の生徒24人が、鍋島直正の業績を学び、自分が殿様の立場でコレラが流行したらどう対応するかなど、考えを巡らせた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加