有明海の環境問題について考えるシンポジウムが17日午後1時から、佐賀市の佐賀大学本庄キャンパスで開かれる。佐賀大など沿岸4県の大学が連携した共同観測プロジェクトの本年度の成果を報告する。国営諫早湾干拓事業の開門を巡る訴訟が混迷を深める中、研究成果を基に有明海再生の道筋を探る。