21世紀枠で春のセンバツへの出場を決めた伊万里高野球部が14日、佐賀市の県庁を訪れ、「36人が一丸となって戦う」と大舞台での健闘を誓った。 同校の犬塚加代子校長や吉原彰宏監督、選手らが訪問。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加