佐賀市の金立特別支援学校(渡邊成樹校長)で12日、バルーン係留飛行の搭乗体験があった。小学部から高等部までの約90人の生徒児童がバルーンのバスケットに乗り空からの眺めを楽しんだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加