女子のひらまつ病院は、全員バスケで守備を固めて失点を抑え、危なげなく4強入りした。準々決勝は四国2位の明善クラブに一度もリードを許すことなく、33点差で圧倒した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加