佐賀の水管理について考える「さがため池サミット」が11日、嬉野市の塩田公民館で開かれた。九州大大学院工学研究院の島谷幸宏教授(河川工学)が、昨年7月に発生した九州北部豪雨の被災状況を報告した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加