孤高の青磁作家として唯一無二の作品を作り出した中島宏さんは、日本工芸会や地元のグループなどで陶芸の発展に力を入れた。9日の葬儀に参列した関係者からは「まだ学び足りない」と惜しむ声が相次いだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加