「植林の父」として旧脊振村(現・神埼市脊振町)の発展の礎を築いた徳川権七(1855~1924年)を顕彰する会が神埼市の脊振公民館で開かれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加