虐待された疑いがあるとして、昨年1年間に全国の警察が児童相談所(児相)に通告した18歳未満の子どもは前年より1万1204人(20・7%)多い6万5431人だったことが8日、警察庁のまとめで分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加