青磁作家として日本の陶芸界をけん引してきた武雄市の重要無形文化財保持者(人間国宝)、中島宏(なかしま・ひろし)さんが7日午前7時17分、佐賀市の佐賀大学医学部附属病院で、細菌性肺炎のため死去した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加