鳥栖市の橋本康志市長は築49年が経過し耐震性が不十分な市庁舎を建て替えると表明した。4月の熊本地震以降も全国で頻発する地震を受けて防災拠点となる市庁舎の建て替えを急ぐべきと判断した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加