かつて開門判決を出した福岡高裁が開門せず和解する道を選んだ。開門反対派は「(和解協議入りを)真摯(しんし)に検討して」と開門派に促した。 開門反対派は高裁判断を評価するコメントを出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加