「大減便」で地域の反発を呼んだJR九州のダイヤ改正が17日に実施される。佐賀県内は1日当たり18本削減され、筑肥線の唐津-伊万里間は上下最終便の2本が対象となる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加