佐賀市松原の松原神社で2日、30回目の佐賀城下春の骨董(こっとう)市が始まった。九州内外から46店が出店し、多くの来場客が自分だけの“お宝”を探して歩いた。4日まで。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加