幕末佐賀藩の科学技術の高さを感じられる「反射炉まつり」が10日、佐賀市の佐嘉神社外苑駐車場で開かれる。 雅楽演奏や日新校区の子どもたちのステージ披露のほか、24ポンドカノン砲で7発の祝砲を打ち上げる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加