レスリングのアジア選手権が27日、キルギスのビシケクで開幕し、男子グレコローマン87キロ級に出場した鳥栖工高出身の角雅人(自衛隊)が準優勝を飾った。 同階級には10選手が出場した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加