煎茶の祖といわれる高遊外売茶翁(1675~1763)は、佐賀の蓮池に生まれ、12歳で禅宗の僧になった。60歳を過ぎ、高僧でありながら京都・鴨川のほとりなどで茶を施しながら、禅を説き清談した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加