鳥栖市は26日、官民一体となって総合的な空き家対策を推進しようと、県弁護士会、県司法書士会など6団体と空き家対策に関する協定を締結した。県内の市町で専門家団体と横断的な協定を結ぶのは初めて。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加