佐賀県医療センター好生館と佐賀国際重粒子線がん治療財団の理事長を務める中川原章氏(70)=佐賀市=が「2018年比較腫瘍学常陸宮賞」を受賞することが決まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加