小学生から高校生までが一緒に汗を流す鳥栖工業高校のレスリング場。練習を見つめていた小柴健二監督(46)は、ある子どものわずかな動きが気になった。「体をひねりすぎている」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加