唐津くんちの曳山(やま)の台車で使う修復材が入手困難な状況にあることを受け、未来の曳(ひ)き子につなぐため、木を育てる活動が24日始まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加