佐賀市の「はり、きゅう、あん摩等助成事業」で、県内の3施術所が施術費を架空請求したとして、市は23日、事業所指定を取り消したと発表した。処分は22日付。不正な請求額は計660万円で返還を求める。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加