■やりがいは「地域の役に立つ」 野生鳥獣による農作物被害が全国的に深刻な中、農家から転身し、イノシシを捕獲する「箱わな」の製造に乗り出した人がいる。嬉野市の太田政信さん(29)。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加