2020年の東京五輪に向け、参加196カ国・地域を表現した着物を作る「KIMONOプロジェクト」で、唐津市佐志小の6年生がボスニア・ヘルツェゴビナの図案を描き上げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加