国民健康保険(国保)の財政運営が新年度、市町から県に移管されることに伴い、佐賀市は、国保特別会計の累積赤字を解消するため、一般財源から約11億円を繰り入れる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加