12連覇を果たした時の金茶色のたすきを新調し、王座奪還を誓った佐賀市は、1位小城市と6分28秒差の2位でレースを終えた。初日前半にコースを間違い、大幅なタイムロスもあったが、第2日は日間賞を獲得して意地を見せた。大町信二監督代理は悔しさをかみしめつつ、「来年につながる走りはできた」と総括した。