豪華絢爛(けんらん)な古今雛(びな)や、公家や大名の本流とされた次郎左衛門雛。職人によるミニチュアのひな道具は見入ってしまうほど精巧だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加