昨年伐採された鹿島高校の校門「赤門」そばのセンダンが1メートルを超す鹿島伝統の浮立面としてよみがえった。市内で工房を営む木彫師小森惠雲さん(66)が昨秋から制作、14日に同校に届けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加