京都大iPS細胞研究所の山水康平特定拠点助教の論文に捏造と改ざんが見つかった問題で、掲載した米科学誌ステム・セル・リポーツは14日までに、論文を撤回したとホームページ上で明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加