佐賀県踏切道改良協議会が13日、鳥栖市で初めて開かれ、危険な踏切に指定された武雄市と基山町の踏切計2カ所について2020年度までに改良計画を作ることを決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加