手織り佐賀錦グループ「絢(あや)」(岡﨑繁代代表)が2年に1度開く作品展が13日、佐賀市与賀町の山口亮一旧宅で始まった。会員12人が約200点を展示し、気品ある色合いの織物で目を楽しませる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加