「第60回全日本女流アマ囲碁選手権」の県予選が12日、佐賀市の日本棋院佐賀中央支部で開かれた。大会には7人が参加。鳥栖市の専門学校生、松田彩李さん(20)が2年連続で県代表となった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加