上峰町特産の天衝米(てんつくまい)を使った給食が7日、上峰小(牟田禎一校長、608人)で提供された。児童は地元の農家が丹精込めて生産した米をおいしそうに味わい、郷土の豊かな食の一端を感じた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加