佐賀市蓮池町の伝統行事「見島のカセドリ」(国重要無形民俗文化財)が10日夜、同町見島地区であった。神の使いの「加勢鳥」に扮した青年2人が地区の家々を巡り歩き、青竹を打ち鳴らして厄を払った。 約380年前から続く行事。熊野権現神社で神事を行った。