佐賀市蓮池町の伝統行事「見島のカセドリ」(国重要無形民俗文化財)が10日夜、同町見島地区であった。神の使いの「加勢鳥」に扮した青年2人が地区の家々を巡り歩き、青竹を打ち鳴らして厄を払った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加