染色体の疾患がある患者家族や医療、行政関係者による交流会が4日、佐賀市の国立病院機構佐賀病院であった。互いに理解を深めるため、困りごとや率直な思いを話し合い、どう関わっていくべきか考えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加